補正 (genu varum) がに股 (genu valgum)ノックひざ
 



  美容整形外科手術









○足と×足の補正手術-治療段階とリハビリテーション
ラヂステン整形外科病院患者
ヴィタリユ  ヴェクリチ 博士
○足と×足の補正手術-治療段階とリハビリテーション ○足と×足の補正手術 は 両足で 30-40分 を つずきます。

ヴィタリユ ヴェクリチ 博士に よって 開発された 重要な  手術利点 が 血 を 流さずに 行われて、血管 神経 と 筋肉 傷を 受けない。手術中で 脳性麻酔 が 使われているので、手術  が おわった すぐに 患者 は 知識 を もどりします。手術後 麻酔の結果 は 4-5時間 が つずきます。

イリザロワーウェクリチ機械 は 足の上に 置いた あとで、股関節とひざ関節  が 自由で 動きます。手術後 最初の3週間に 患者 は 車椅子で 動きます。そして 少々 最初に 松葉ずえをついて歩いて、それから  松葉ずえなしで、あしで歩き始めます。手術後で 患者 は リハビリテーションために 病院で 2週間に 留まらなければなりません。病院での間  患者は ヴィタリユ ヴェクリチ 博士 の プロ監督の下 に います。2週間後 で 患者は 家 に 帰る ことが出来ます。あるいは  2.5-3カ月リハビリテーションの全ての期間中で、病院にとどまることが できます。

1993年  から ヴィタリユ ヴェクリチ 博士 と ヂステン整形外科病院の職員 は ○足と×足の 奇形の治療 と リハビリテ ーション で  豊か経験 が あります。ウクライナ からでわなく、ほかの 国 からきた 患者 も います。たとえば、米、 フランス、ドイツ、イスラエル、日本  などから ヴィタリユ ヴェクリチ 博士 に 処置 を もらう ために、 到着します。この ページ で ○あしと×あし に 手術の前後写真  をみる こと ができます。

ラヂステン整形外科病院患者
ヴィタリユ ヴェクリチ 博士

ヴィタリユ ヴェクリチ 博士 は 1953年 2月 3日  生まれました。今年 彼は 54 年 です。 ヴェクリチ博士 は 子供 と 大人の 整形学 と 創傷学 で プロ 外科医です。

医業の経験は イリザロワーヴェクリチャ機械を作って 27年  以上 の 成功した 切開手術 を します。ウェクリチ 博士は 今 ラヂステン整形外科病院の頭と頭株整形外科医。ラヂステン病院はユニーク病院、どちらがプロ医療活動を提供しています。ヴィタリユ  ヴェクリチ は ヴィンニツサ市でピロゴフ医学大学に入りたときに若くて、動機ずけされて、野心のある学生でした。

○足と×足の補正手術 - 写真

ヂステン整形外科病院の職員

ヂステン整形外科病院の職員 ヂステン整形外科病院の職員 は 豊か経験 が  あります。整形外科医 が 二人 いますーヴィタリユ ヴェクリチ 博士 と ロマン カルジニイ博士。小児科医-アンア グニロシクレンコ、9人  看護婦 と管理。 職員 は 家族のような グルップです。 24時間 の1日の間に毎日の健康診断と各々の患者を実行していて、看護婦から必要な治療を受けています。 我々の 病院 よこそ。

ヂステン整形外科病院の職員写真
○あしと×あし手術の前後患者写真
ヴィタリユ  ヴェクリチ 博士 と かれ の 伝記
ヂステン整形外科病院
住所
住所と電話番号
ヂステン整形外科病院 患者は 病院でくつろいたと感じます。3階の建物森林の近くに建てられました。病院で 4ルクス病室、6ファーストクラス病室と2セカンドクラス病室があります。 私達に患者の健康調子は一番大切なものですから病院で滞在間に一日中患者は ヴィタリユ ヴェクリチ 博士の プロ監督の下 に います。全部病室で電話とインタネートがあります。

ヂステン整形外科病院
08131、ウクライナ、キエフ、
ソフィエウスカヤ ボリシチャゴフカ村 
レスナヤ通り97番.


電話番号: +38 (044) 209-8054
+38 (067) 794-4686
Skype: Doctor Veklich
電子メール:contact@doctorveklich.com
ウェブサイト: www.doctorveklich.com

ヂステン整形外科病院の写真
ウクライナをめぐる
ヂステン整形外科病院へ診察ために到着
The Search 検索エンジンThe Search カテゴリ  2007-2015